廃業という道を選んだ人でも融資を受けられるのか検証するサイト

融資の参考となるサイトを紹介

融資時に参考となる情報サイト

この項では、廃業を経験した場合でも、そうでない場合でも、融資における基礎知識や、廃業経験者のための融資についての情報などを得られる、各種サイトを紹介したいと思います。
まず、「工藤公認会計士税理士事務所」のホームページです。
このページでは、まるで金融のとてもわかりやすい勉強をしているみたいに、事業における融資の知識を得ることができます。
現役税理士の語る情報なので、無駄が無く、とても分かりやすいです。
次に、中小企業庁のページです。
ここには、先の項で挙げた「再チャレンジ支援融資制度」に関する詳細な内容が記載されています。
その他にも、日本の企業の9割を占めるという中小企業にとっては非常に役に立つ知識や法律情報が網羅されているため、経営者にとっては、特に参考となるであろうサイトだと言えます。

参考知識「連帯保証人」について

さて、銀行が融資を行うかどうかの判断基準のひとつに「保証人」が用意できるかどうかというものがあります。
この連帯保証人というものについて、ここで正しい知識を得ましょう。
まず「本来借金を返すべき人が返せない場合、代わりに借金を返さなければいけない人」が「保証人」ですが、連帯保証人の場合「あなた自身が借りてるのと同じ」状態になるのです。
「借りた本人より先に返済の催促が来る」「債権者が“貴方の方が返せそうだ”と判断したら問答無用で取り立てに来る」という、一見信じがたい程に過酷な状況に陥る可能性があります。
「同じ」ということは、あなた自身は借金していないのに、連帯保証人となっているせいで、あなたもお金が借りられないという状況に陥る危険性があります。
連帯保証人とはこれだけの重大な責任を負うのです。
あなた個人での借金とは全く別の話なので、相談が来たとしても必ず弁護士に相談してから決めて下さい!


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る